カジノのブラックジャックのルールと攻略法

昨今では、われわれの身近になったのがカジノです。
以前は台湾や韓国・アメリカ合衆国に行かないとプレイができませんでしたが、今ではインターネット環境があれば自宅からでも気軽に挑戦ができるオンラインスタイルが主流となりました。
2010年からは日本でも解禁をされており、幅広い年代の方が興じられるようになっています。

2025年には全国各地でIRリゾート施設もオープン予定

約450万人もの方々が世界各地から発信をされているサービスを利用されており、実店舗と同様のゲームに挑戦をしています。
スロットマシンからポーカー・バカラなどがあり、ブラックジャックもとても人気があるゲームです。
2025年には全国各地でIRリゾート施設もオープンをするので、これからカジノに挑戦をしたいという方も少なくないでしょう。
そこでここでは簡単に、愛人気ゲームであるブラックジャックのルールや特色、勝つための秘訣をご紹介していきます。

ブラックジャックの国際的なルールについて

まずはブラックジャックの国際的なルールについて見ていきます。
計24枚の手札をプレイヤーは計4回のターンのなかで切っていくのがポイントです。
ディーラーが親をつとめており、ディーラーによってゲームの勝敗は決まります。
プレイヤーは2名以上が参加をすることになるため、実店舗でも最少人数が集まるまで待機をしないといけません。
オンラインであれば必ずライブ形式で配信をされるので、限りなく実店舗と同様のシステムになるわけです。
ハートからダイヤ・スペード・クローバーの4種類のカードで、総合計点が21点になるように組んでいくのがルールです。
また必ず1枚はジョーカーを配置しますが、合計点が21以下であればどんなカードにでも姿を変えることができます。
もしも21以上にあっているようであれば、1枚のジョーカーでさらにアップ数値となるので、必然的に負けることになります。
これが国際的なブラックジャックのルールですが、カジノではローカルルールというものも存在するので、この点もしっかりと把握をしないといけません。
たとえばアメリカのラスベガスであれば、合計点が25点と引き上げられておりジョーカーを持つことですべて配当を手に入れることも可能です。
上海とマカオ・香港といった中国圏内だと15点を満点としているのがポイントです。
また一切ジョーカーを組み込まないので、限りなくプレイヤーの引きが勝敗を決します。

ブラックジャックで勝つための秘訣

ここからはブラックジャックで勝つための秘訣を見ていきましょう。
カジノゲームのすべてに当てはまることは、完全確率を実現しているという点です。
スロットマシンならレバーがあってもストップボタンはありません。
誰がプレイをしても同じ結果を示すようになっており、技術介入をすることは不可能です。
ルーレットも同様であり、ディーラーが玉をシュートして自然と盤面が止まるのを待ちます。
ブラックジャックに至っても同じことがいえて、ディーラーのカードのシュートは誰も予測ができないわけです。
ただし、1回だけの試行ではなく何度もゲーム回数を重ねることでひとつの法則を見つけることができます。
数学の平均値を求める計算方式を活用するのですが、最低でも10回は同じテーブルでゲームに興じてみましょう。
そのなかで自分自身が何回勝っているのかを計算することからスタートをさせます。
そのうち5回以上勝利をおさめているのであれば、最終的には勝ち越すことが可能です。
それよりも少ないのであれば負けることになるので、別のテーブルに移動することをおすすめします。

まとめ

また1回あたりの賭けを少なくすることも初心者には大切なポイントです。
最初は10ベット程度でスタートをして、少しずつ勝率を高めていくと長く楽しむことができます。

カテゴリー: ブラックジャック パーマリンク