一攫千金が狙えるジャックポットスロット

オンラインカジノで一攫千金の夢をかなえてくれるゲームのひとつに、ジャックポットを上げることができます。
日本語で言えば「大当たり」を意味する言葉で、競馬や宝くじなどにおいても存在していますが、オンラインカジノにおいては特にスロットゲームにおける大当たりを意味します。

ジャックポット付きスロットの仕組み

ジャックポット付きスロットでは、世界中のプレイヤーがプレイすればするほど資金がプールされていき、どこかのタイミングで任意のプレイヤーが大当たりを引き当てるわけです。
金額には明確な基準はありませんが、日本円換算で数千万から20億円を超えるほどの巨額の現金をゲットする可能性があるとい言われています。
日本人のサラリーマンの平均生涯賃金が2-3億円と推計されていることに照らしてみても、一回のゲームで天文学的金額をゲットできるというのは想像するだに難しいほどです。
もちろんこのような果報者はごくわずかで、的中確率は非常に低いというのも確かです。
出現確率を公開しているオンラインカジノでも、最も高いのがおよそ47000分の1、最も低いので約5000万分の1という数字。

本当に的中させた人はいるのか?

当然のことながら出現確率の低いオンラインカジノであたれば、それだけ巨額の勝ち金を手に出来るというわけです。
しかしあまりに巨額の勝ち金のために、本当に的中させた人はいるのか疑心暗鬼にとらわれる人がいるかもしれません。
ところが過去には実際にオンラインカジノのスロットでジャックポットを的中させた人は存在しています。
記録が明らかになっている事例をいくつかピックアップすると、過去最高額の賞金をゲットしたのは2018年9月28日のことです。
MegaMoolahでプレイしていた人は、日本円換算で25億5000万円という金額を手にしました。
日本国内に目を向けると、2012年2月28日に1億2700万円を手にした日本人がいたそう。
ということは数億円から20億円の間で、他にも巨額の賞金を手にした人が複数いたものと推測できます。

プレイヤーはもちろんカジノ運営会社も予想することは出来ない

日本人にもジャックポット経験者がいると聞くと、身近な存在に認識できるようになったかもしれません。
しかし高額に積立られた資金が誰に的中するものか、プレイヤーはもちろんカジノ運営会社も予想することは出来ないわけです。
結局運がよかったばかりに、わずか1000円ほどの資金を投入しただけで数千万円になって帰ってくることもあれば、逆に種金をつぎ込んでも見合ったリターンは帰ってこないということも珍しくないわけです。

ジャックポットの確率を上げる方法

それではオンラインカジノのスロットゲームでジャックポットの確率を上げる方法はないのでしょうか。
運の要素が高いものの、少しでもチャンスを広げるためのポイントを抑えておきましょう。
まず資金がすでにかなりたまっている機種を選択することです。
どの機種で現在どれほどの金額が集まっているかは、ゲーム洗濯時に確認することができます。
仮に数百ドル単位でしか集まっていない場合は、大当たりがでてから時間があまり経過していないものと判断できます。
反対に数百万~数十万ドル単位で資金がプールされているときは、そろそろ大当たりが出る可能性が高くなっているものと考えることができるでしょう。
そして注意したいのがベットする金額です。
毎回同じ金額をベットしていると、大当たりする確率も単調になりがちとされています。
そこで確率を上げる方法として、過去の成功者も実践しているのが掛け金を変えるというものです。

まとめ

ところでスロットでは機種ごとに最高ベット金額が設定されています。
このマックスベットに近い金額でプレイするとジャックポットが的中しやすいとみられています。
かけ金額をときには最高額にしてプレイに挑むというのもはさんでみるなど、自分なりのプレイスタイルを確立することをおすすめします。

カテゴリー: スロット パーマリンク